最新記事一覧

受験時の注意点

男性

事前に知っておくとよい

WEBライティング技能検定は近年創設された新しい検定試験です。クラウドソーシングという、ネット上で不特定多数の人と契約を結び業務委託を行うという仕事の形が近年は増加傾向にあります。クラウドソーシングで請け負う仕事にはシステム構築、デザイン、ネーミングなどといった様々なものがありますが、最も多いのがライティングです。記事作成などとも呼ばれ、ブログ記事や解説記事、感想やレビュー、まとめ記事など様々な文章を作るというのが仕事の内容です。感想やレビュー投稿などの場合、一般人と同じ目線で文章を作ればよいので、素人でも簡単にでき、初心者でも参入しやすいという特徴があります。ですがあまりに裾野が広がりすぎて、ライティングスキルのレベルが両極化してきているという傾向が出てきています。そのため、国語の基本が抑えられていない文章が出回ったり、納品しても修正の必要があり二度手間になったりといった事態が発生してきました。そのような状況を改善するために設けられたのがWEBライティング技能検定です。WEBライティング技能検定ではライティングに必要な最低限の知識と技術を指導してから受験します。指導に必要な講座を受ける必要がある点は注意しておかねばなりません。いきなりWEBライティング技能検定を受験することはできないので注意しましょう。また選択問題とライティング問題に分かれていますが、ライティング問題は出来不出来の差が非常に激しくなっています。インプットだけでなくアウトプットも行ってから受験に臨むとよいでしょう。