タイピング

ライティングの基礎を取得

WEBライティング技能検定を社員教育教材として取り入れている企業が増えています。特にIT関連企業などでは、WEBライティング技能検定を必須化している企業も増えており、基礎的な技能取得は社員全員に必要であると考える傾向にあります。

最新記事一覧

PC操作

仕事をする上で有利に

かつては新聞や雑誌で活躍していたライターですが、最近ではWEB上で活躍するWEBライターが多くなっています。そんなWEBライターとして働くために有利となるのがWEBライティング技能検定です。WEBライティング技能検定に合格することで、仕事が増えたり報酬が増えたりすることもあるのです。

女性

ネットで仕事をしたい

クラウドソーシングに必要なスキルを学べるのが、WEBライティング技能検定です。文書作成やクライアントとのやり取り、さらにはパソコンを始めとするIT機器の正しい扱い方について、受験を通して学ぶことができます。

タイピング

技能習得の為に

WEBライティング技能検定に合格していればクライアントの眼に付きや易くなると言われ、仕事が舞い込む確率が高くなると考えられます。しかし、WEBライティング技能検定に合格して直ぐに質の高い記事が書ける訳ではなく、WEBライターとビジネスマナーのどちらに於いても経験の積み重ねが大切になります。

男性

受験時の注意点

WEBライティング技能検定はクラウドソーシングなどで行われているライティングの技術を向上させることを目的とした試験です。講座を受講する必要があることと、ライティング問題はアウトプットが必要なことは注意すべきでしょう。

Webライターの民間資格

男女

Webライターの民間資格

WEBライティング技能検定はクラウドソーシングの仕事への需要が近年高まる中、その文章作成の基礎知識や技能を証明する民間資格です。この資格取得により、ビジネスマナーや文章作成のWEBライティングの方法を身に付けることができ、WEBライティング実務士を名乗ることができるようになります。WEBライティング技能検定に合格すると、文章作成の代行業務において優先的に仕事を受けることができるようになるだけでなく、一般ユーザよりも報酬を多く貰えるようになります。WEBライティング技能検定の合格者のみが受けられる高収入の記事作成案件もあり、副業から本業へと比重を傾けて働く人もいます。試験は月に1回オンラインで受験することができ、事前に指定教材での学習と模擬試験を経て本試験へと進んでいきます。基本は指定キーワードを含んだ文章を指定文字数の範囲内で文章を作成するようになりますが、さらに文法の使い方やテーマに対する表現力などもチェックされます。WEBライティング技能検定の学習をするだけで、自分の文章作成の能力を確認し、さらに向上させるためのポイントを見つけることが出来るので社内研修に一環として導入している企業が増えています。また採用においても評価される資格の一つに入ってくる見込みもあり就職活動中の学生などにも注目されています。自己啓発のためだけなく、WEBライターとして独立開業する道もあるので、IT系の業務に携わる人は注目すべき資格です。